くまみこ 特設ページ

コミックス最新刊


春、出会いの季節――。まちは高校生になりました。

くまみこ 17

著者: 吉元 ますめ

幾多の苦難を乗り越え、ついにまちは高校生になりました。初めての電車通学では懐かしい”あの人”と遭遇”!? 新しい学校生活に慣れずにとまどうまち、新しい友達はできるかな。

紙版を購入する

電子版を購入する

購入する

▼ もっと見る

  • 発売日 :
  • サイズ :B6判
  • 定価 : 704円(本体640円+税)

ISBN : 9784046810458

紙版を購入する

電子版を購入する

購入する

▼ もっと見る

  • 発売日 :
  • サイズ:B6判
  • 定価 : 704円(本体640円+税)

ISBN : 9784046810458

あらすじ

東北地方のとある山奥、中学生のまちは熊を奉る神社に巫女として仕えていました。ある日、まちは後見人(人?)であるクマのナツに「都会の学校に行きたい」と訴えた。やる気はあっても根気はない、世間知らずのまちに、心配性のナツは都会で生きていくために必要なあらゆる試練を与えていく。

登場人物


雨宿まち

とある東北地方の限界集落・熊出村に住む中学生。クマを祭る熊出神社で巫女をつとめている。


ナツ

熊出神社で神として祭られている、人間の言葉を話すヒグマ。まちとは幼なじみ。


雨宿良夫

まちのいとこ。熊出村の役場に勤めている。明るく社交的だが、村のことになるとまわりが見えなくなる。


酒田響

良夫の幼なじみ。ヤンキーっぽい見た目と言動だが、面倒見のいいおねえさんでもある。

コミックス・関連書籍